ReGMAL(レグマル)

レビュー(REview)、ゲームのこと(Game)、お金のこと(Money)、日常のこと(Life)

お金持ちになるために、お金の増やし方を考えてみる。節約編

time 2016/05/06

お金持ちになるために、お金の増やし方を考えてみる。節約編

こんにちは!neuです

前回の更新から少し間が空いてしまいました…申し訳ありません

さて、今回はお金持ちになるシリーズ番外編を書こうと思います

テーマは「節約」です

お金持ちになるには収入>支出をキープしていれば良く、今まではずっと「収入」に焦点を当ててきました

今回は「支出」に焦点を当てていこうと思います

といっても、電気代やら食費やらを削るような節約法は説明しません!細かい節約は、今後細々とブログ記事にしていきます

今回は「節税」について説明します!

意外と高い税金

税金大好き官僚様

皆さんは、どれくらい税金を払っているのかご存知ですか?

  • 住民税
  • 所得税
  • 消費税
  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • たばこ税
  • 酒税

などなど、数え切れないくらいの税金を私たちは払っています

消費税は仕方ないとしても、住民税や所得税は何か買っているわけでも、所持しているわけでもありません

私たちが稼いだお金に対してかかる税金です

僕の3月の給与明細を例にすると

 基本給 206800
 時間外手当  19012
 住宅手当  6000
 健康保険料  15228
 厚生年金保険料  32090
 雇用保険料  1299
 所得税  4160
 住民税  41700
 労組費  2850

で、支給額231,812円、手取り134,485円となっていました(退職のタイミングなので、住民税がひどいことになっています)

10万円近く引かれてますね…そのうち「税」とつくものは約40,000円です

所得税も毎月4,000円引かれると年間48,000円となり、無視できません

ここから、日々の買い物で消費税、毎年届く自動車税、などなど更に税金は引かれていきます

正直、やってられん!って叫びたくなります

節税のススメ

節約(ブタの貯金箱)

一般的に節約と言うと

  • 食費
  • 光熱費

などを減らそうというイメージがありますよね

もちろん使いすぎている分があるなら削りましょう!

ただ、やりすぎると生活そのものがしんどくなってしまいます…毎食豆腐とか結構キツいです…

ですので、先ほどの税金を減らしましょう!

税金は「なんかよくわからないうちに取られるお金」ですから、少しわかればグッと減らせるんです

今回は簡単に取り組める

  • ふるさと納税
  • 確定拠出年金/NISA

の2つを取り上げていこうと思います!

ふるさと納税

猫とお金

簡単に言うと

  1. 私たちが「任意の」地方自治体に納税をします
  2. 自治体からお礼が届きます
  3. 所得税・住民税から地方自治体に納税した分が引かれます

といった流れになります

結局、払った分は税金の控除という形で返ってきます

これだけ見るとプラマイ0ですが、地方自治体からのお礼があるのでプラスになります

お礼の品は自治体によって様々です。例えば

  • お肉詰め合わせ
  • マグロ詰め合わせ
  • お茶詰め合わせ
  • ホテル宿泊券

などなど、たくさんあります。

どうやって納税すればいいかについては「ふるさと納税の仕方と注意点」を参照してください

5,000円でお肉2kgとか10,000円でマグロ2kgとかお得なものが勢揃いです

食べ物をもらえば結果として食費が浮きますよね!

  • 5000円でお肉を大量に購入したら税金が安くなった
  • 税金を前もって納めたらお肉がもらえた

どっちの考え方をするかによりますが、前者ならば節税になり、後者なら食費の節約になってますね!

※ふるさと納税をし過ぎると損をします!必ず「ふるさと納税の仕方と注意点」を読み、適切な金額を納めてください

確定拠出年金/NISA

投資!

「名前からして難しそうだからやらない」

という方が多いこの制度…実にもったいないです

最近は退職金が無い代わりに企業型確定拠出年金制度を取り入れる企業も増えてきました

簡単に説明しますと、

  • 実は銀行預金や投資で得た利益には20%近くの税金がかかる
  • その税金がかからないで資産運用ができる制度
  • 確定拠出年金は、将来の自分が年金として使うための貯金みたいなもの
  • NISAは少額なら非課税で運用していいよ!というもの

です!

どちらも、税金がかからず資産運用ができる制度となっています

確定拠出年金

確定拠出年金は、国からもらえる年金じゃ足りないよ!という人のためにあります

自分の責任で自分の年金を管理してくれるなら、税金は取らないよ!という制度ですね

何が何でも国からの年金で生活するんじゃ!って人には不要です

ただ、お金が無いよりあった方がいいですし、銀行預金では税金がかかる上に金利が0.001%(2016年現在)ですので、やった方が確実に得です

注意点としては「老後に受け取るためのもの」という点ですね!いつでも引き出せるお金ではありません

確定拠出年金は401kとか、DCとか呼ばれていたりしますので、証券会社のページをご覧ください

NISA

少額投資非課税制度という、もはや中国語に見えてくるこの制度は

「ちょっと資産運用してみたい」という人のために税金がかからない制度作りました!みたいなイメージです

ちょっと詳しく説明すると

  • 年間120万円の非課税枠がもらえる
  • 非課税枠の有効期限は5年
  • 途中で株などを売ると非課税枠は消費されていく

となっています

「有効期限が5年間で、1年あたり120万円まで投資ができる権利」を毎年もらう

って感じでしょうか…

途中で売ると非課税枠が減るというのは、20万円で売却すると120万円が100万円になってしまうことです

難しくなってきた方はなにも考えず、5年間待ちましょう!5年経ったら売りましょう!で、また買いましょう!

これを繰り返せば、NISAを使っている間はずっと税金がかかりません

年間120万円ということは、月10万円です

毎月10万円を支出する余裕がある人は、多分こんなブログを見ていないと思うので、NISAの枠を最大限に利用できる方は少ないと思います

使えるだけ使いましょう!

ちなみに、なにを買えばいいのかについては「お金持ちになるために、お金の増やし方を考えてみる。その5」でお話したインデックスファンドがいいと思います

とにかく手数料が安いものを買うのが得策です

まとめ

いかがでしたでしょうか

投資?そんなものやらんよ

という方でも、ふるさと納税はメリットが大きいので確実に利用すべき制度だと思います

もし、毎月の収支が厳しい…という方やお金持ちになりたい…という方がいましたら、収入を増やす/支出を減らすの両方を少しずつやってみるのはいかがでしょうか

目指せ1億円の資産!ということで、今回も読んでいただきましてありがとうございました!

これからもレグマルをよろしくお願いいたします!

down

コメントする




ゲーム

レビュー

未分類

転職

自己紹介

neu

1990年生まれのサラリーマン C++(MFC)使いからjava使いへと転身し、奮闘中

LikeBoxを表示するには、テーマカスタマイザーSNS設定FacebookページURLを入力してください